断食デトックス

断食というと、何も食べないでつらいというイメージがありますが、ここでいう断食デトックスとは、プチ断食とよばれるもので、全く食べないというものではありません。

私たちの消化器官は、休むということがありません。

常に働き続けているので、その負担もかなりかかっているものと思われます。

そこで、少しの間、その消化器官に休んでもらおうというのが、断食デトックスなのです。

しばらく休むことによって、本来の能力を回復し、それにともなって、細胞組織が再生し、内臓も機能を取り戻します。

方法は、塩素などの有害物質が含まれていない水や、野菜や果物のジュースだけを飲むというもので、3日ほど続けるのがよいでしょう。

すると、摂取カロリーが減るので、脂肪がエネルギーに変えられ、燃焼します。

このとき、脂肪に溜まっていた毒素が剥がれ落ちて、排出されるというわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です